ティーアップをせずに地面からいちばん飛ばせる番手。飛距離性能は魅力だが、それだけに使いこなすには難易度が高い。うまく使いこなすにはどうしたらいいの?
画像: この動きでソールで打ってしまうミスはなくなりますよ、と香西プロはいうが、それってどういうこと?

この動きでソールで打ってしまうミスはなくなりますよ、と香西プロはいうが、それってどういうこと?

14本のセッティングの中に加えたのはいいが、なかなか使いこなせずに、コースでの登場回数は激減。でもどうにかして打ちこなそうと試みるが、なかなかうまくいかずに苦手意識さえ芽生えてしまうのがフェアウェイウッド。

トップやチョロのミスは確かに出やすいが、よくあるのが「頭を叩いてしまう」ミス。フェアウェイウッドのフェースに当たるのではなくソールに当たってしまい、ボールはポコンと上がったあとズサササーッと転がり、まったく飛距離が出ない。

「ソールで打ってしまうようなショットはフェアウェイウッドでボールを上げようとしてしまい、払い打ちのイメージが強すぎる人に起こってしまいがちなミスです」とは「Let's GOマジェスティ」ではお馴染みのETGS千葉校の香西成都プロ。

画像: フェアウェイウッドを持ってソールで打ってしまう人はアッパーブローのイメージが強すぎる(上)荒治療としてダウンブローに打つイメージを植え付けたい(下)

フェアウェイウッドを持ってソールで打ってしまう人はアッパーブローのイメージが強すぎる(上)荒治療としてダウンブローに打つイメージを植え付けたい(下)

このミスを出なくするにはイメージを変えることがいちばんだという。

「払い打とうとしてソールで打ってしまう人は、アッパーブローになりすぎてスウィングの弧の最下点より先でボールにコンタクトしています。その結果、ボールはフェースに当たらずソールに当たってしまっているというわけです。イメージがかなり行き過ぎてしまっているので、極端なイメージで荒治療をしたほうがいいですね。トップまではいままで通り、上げていいのでダウンスウィングのイメージを変えましょう」

実際にどうするのか?

「トップからメンコをボールの横にバンッと投げるように、上から手を地面のほうに叩きつけるように使ってみてください。まずはクラブなしでやってみましょう。イメージができたらクラブを持っても同じように右手を使っていってください」

メンコを投げるような動きではクラブなんか振れない! と思ってしまうが……。
確かにやってみると、横から大きく払い打つように使っていた手が直線的にボールのほうに向かうことで最短距離でヘッドがボールのほうに下りてくるようになる。その結果わずかなダウンブローで打てるのでうまく当たるようになるというわけだ。

「最初はそんなんじゃ打てない、と思うかもしれませんが思い切ってやってみてください。意外と打ててナイスショットになるので驚くと思いますよ(笑)」

取材協力/ETGS千葉校

画像: メンコを投げるように右手のひらでペタンとボールの横を叩くように右手を使う。クラブを持って同じ動きをするとあら不思議、ゆるやかなダウンブローでフェアウェイウッドが打てるようになった

メンコを投げるように右手のひらでペタンとボールの横を叩くように右手を使う。クラブを持って同じ動きをするとあら不思議、ゆるやかなダウンブローでフェアウェイウッドが打てるようになった

This article is a sponsored article by
''.