ゴルフを始めたはいいが、どうやってクラブを握るのかもわからない。より詳しく、グリップの握り方についてETGS千葉校の香西成都プロに聞いてみた!

以前、グリップの握り方で「どの程度左手をかぶせるか?」という話をしました。そのときトンカチを叩くつもりで握っていちばん力が入る握り方をしてくださいと伝えたかと思います。

もう少し深くお話しましょう。

まず左手で空手チョップをするとイメージしてください。上から下にで構いません。
上から下に「エイッ」と、この時小指側でチョップをしますよね?
これがいちばん力が入る形と思ってください。

画像: まずはどうやったら力が入るか、上から下にでいいので空手チョップをイメージ。

まずはどうやったら力が入るか、上から下にでいいので空手チョップをイメージ。

これと同じイメージでトンカチをもって上から下に叩きます。この動きが強くトンカチを叩けます。

では、この持ち方のまま横の目標に対してトンカチを叩くとイメージしてください。
手の甲を上にしたまま手のひらにグリップをあて、そのまま握りこめば、左手グリップの完成です。
これが右から左に振っていくとするとき、力を入れなくてもいちばん力が入る握り方というわけです。

画像: 空手チョップと同じ感じでハンマーをイメージ。イメージできたら左から右へハンマーを叩くと考えてみよう。 これで左手のグリップは完成

空手チョップと同じ感じでハンマーをイメージ。イメージできたら左から右へハンマーを叩くと考えてみよう。
これで左手のグリップは完成

それでは右手はどう握るのか? 先ほど握りこんだ左手の指を開いて左手のひらと右手のひらを合わせます。このように手を開いたときに左手の甲と右手の平が同じほうを向いているように握りましょう。このように握れると左手と右手がバラバラに動かない、バランスのいいグリップの完成です。

このように左手が少し被った状態の握り方をフックグリップといいます。いまのドライバーの大型ヘッドに合う握り方なので、まず、この握り方を試してみるといいでしょう。

画像: ハンマーを持った左手を開く、右手の平と合わせる。これが正しい右手の向き。あとはずらして握りこめば正しいグリップが完成

ハンマーを持った左手を開く、右手の平と合わせる。これが正しい右手の向き。あとはずらして握りこめば正しいグリップが完成

This article is a sponsored article by
''.