新緑溢れる5月下旬の北海道で、今年で13回目となる「Majesty Golf Presents 北海道ゴルフツアー」を開催。「マジェスティ ゴルフ×ゴルフダイジェスト社」だからこそできる、コンペ付きの名コースを巡るゴルフツアーは、毎年キャンセル待ちが出るほどの人気で、今年も76名が参加した。今回は、その初日と2日目の様子をレポートする。

最新モデルが試せる試打会も開催! 

5月26日から3日間、札幌を拠点に3つの名コースを巡った、「Majesty Golf Presents北海道ゴルフツアー」。ゴルフコンペ付きのツアーはたくさんあるが、本ツアーの魅力は何といってもコンペ賞品の多彩さ、そして普通では予約が難しい名コースでプレーができること。一度参加した人は、ほぼリピーターとなり、毎年必ず参加しているという人も多いという。

ツアー初日は、北海道最古のコースであり、数々の名勝負の舞台となった名門「小樽カントリー倶楽部」に挑戦。ラウンド前後には、マジェスティゴルフの最新モデルを試打できるイベントも開催され、メーカー担当者から直接質問できる貴重な機会に、多くのゴルファーが参加した。

画像: お一人さまの参加も多い本ツアー。和やかな雰囲気で初日のラウンドを楽しんだ

お一人さまの参加も多い本ツアー。和やかな雰囲気で初日のラウンドを楽しんだ

画像: 小樽カントリー倶楽部のドライビングレンジで行われた試打会で、最新モデルをチェック!

小樽カントリー倶楽部のドライビングレンジで行われた試打会で、最新モデルをチェック!

バラエティーに富んだ賞品の数々!優勝賞品は“人生最高距離”を導く、あのクラブ

メインイベントである、ゴルフコンペが開催されたツアー2日目はあいにくの雨。会場となった「北海道クラシックゴルフクラブ」は、帝王ジャック・ニクラスにより設計された、戦略性と芸術性を兼ね備えたコースだが、悪天候によりプレーヤーにとってはさらに難しいラウンドとなった。

そんな中、優勝したのは、佐藤良友さん。「今回のマジェスティコンペをとても心待ちにしていました。悪天候で棄権された方も多くいたようで、ハンディをもらったような形になりましたが、優勝できてうれしいですし、雨のゴルフでも一日楽しく過ごしました」(佐藤さん)。

優勝賞品は、前日の試打会でも多くの参加者が「飛ぶ!」と評判だった「Majesty Royale」のドライバー。他にも上位入賞者には、マジェスティ ゴルフの技術が結集されたウェッジやパター、さらにキャディバッグやボストンバッグなどデザイン性にも優れた賞品が贈られた。

画像: 雨風が強い悪天候のなか、76名中54名がホールアウト。

雨風が強い悪天候のなか、76名中54名がホールアウト。

画像: 最新のクラブやキャディバッグ、女性に人気のボストンバッグなど、多彩な賞品がズラリ!

最新のクラブやキャディバッグ、女性に人気のボストンバッグなど、多彩な賞品がズラリ!

画像: 優勝した佐藤良友さん(54-46=100、HDCP28.8、NET71.2)、“人生最高の飛距離を目指す”ためのドライバー「Royale ドライバー」をゲット!

優勝した佐藤良友さん(54-46=100、HDCP28.8、NET71.2)、“人生最高の飛距離を目指す”ためのドライバー「Royale ドライバー」をゲット!

画像: 準優勝は山部省三さん(42+49=91、HDCP19.2、NET71.8)。賞品は「CONQUEST ドライバー」。「今日は余裕がないゴルフで運だけだったけど。準優勝でうれしいね!」

準優勝は山部省三さん(42+49=91、HDCP19.2、NET71.8)。賞品は「CONQUEST ドライバー」。「今日は余裕がないゴルフで運だけだったけど。準優勝でうれしいね!」

画像: 3位の橋本幸浩さん(44+48=92、HDCP19.2、NET72.8)は3回目の参加で初入賞。「賞をもらったのは初めてでうれしいです」。「CONQUEST フェアウェイウッド」を獲得!

3位の橋本幸浩さん(44+48=92、HDCP19.2、NET72.8)は3回目の参加で初入賞。「賞をもらったのは初めてでうれしいです」。「CONQUEST フェアウェイウッド」を獲得!

画像: タフなラウンドの中、ベストグロス賞を獲得したのは矢口隆明さん(SCORE 40+40=80)。賞品は「夕張メロン」。「雨だから飛距離は出なかったけれど、アプローチとパットがうまくいきました」

タフなラウンドの中、ベストグロス賞を獲得したのは矢口隆明さん(SCORE 40+40=80)。賞品は「夕張メロン」。「雨だから飛距離は出なかったけれど、アプローチとパットがうまくいきました」

北海道の美食も堪能、ゴルフ旅の醍醐味を感じるツアー

「タフなラウンドだったけど、たくさんのゴルファーと交流ができたし、最後に美味しいものを食べて飲んで、やっぱりこのツアーは最高です」(ツアー参加者)。プレー後は、コースが一望できるレストランで、北海道の食材をたっぷり使った料理が振る舞われた。

ゴルフのプレーだけでなく、新しい仲間との出会いもゴルフの醍醐味の一つ。来年の開催も計画中のようなので、アナタもぜひ一度参加してみては!? 普段のゴルフとは違う、ゴルフ旅の魅力を感じられるはずだ。

画像: タフなラウンド後は美食とともにゴルフ談義

タフなラウンド後は美食とともにゴルフ談義

画像: 旬のアスパラは、地元の“早来チーズ”とプロシュートとともに

旬のアスパラは、地元の“早来チーズ”とプロシュートとともに

画像: 彩りも美しい、ローストビーフのサラダ仕立て

彩りも美しい、ローストビーフのサラダ仕立て

画像: 沖目鯛を使った魚料理は、中華風のアレンジで

沖目鯛を使った魚料理は、中華風のアレンジで

画像: 締めのご飯は名物海鮮丼の小どんぶり

締めのご飯は名物海鮮丼の小どんぶり

This article is a sponsored article by
''.