自分はもう少し飛ばせる! と思い続けて早ウン十年。いつかはきっと飛ばし屋になれると練習に励んでいる人は多いはず。今年こそ大幅な飛距離アップが実現できるよう、ETGS千葉校・香西成都プロに飛距離アップのポイントを聞いた。

あまりレッスンでがんじがらめになるよりも、気持ちよく速く振れるようにすればいいと香西プロ。

「スウィング中にあれこれ考えすぎてしまうと、リキまずに軽く振るだけでクラブヘッドを速く振れるポテンシャルがあるのに、手を使わず体で振ろう、頭を残そう、だとかいろいろ考えすぎてしまうと、ぎこちない動きになってしまって速く振ろうにも振れなくなってしまいます」(香西プロ、以下同)

クラブを持つと考えすぎてしまうという人は、いっそのことクラブを持たずに速く振れるような動きを反復してやってみるといい。

「グリップの位置が右側にくるように肩のラインに沿ってクラブをあてがったら、どうやったらこのグリップの部分が速く動くのか考えて動いてみましょう。ティーアップしたボールをこのブリップの先で打つようなイメージでブン、ブンとスウィングの動きをしてみるといいですね」

これをやっているとわかるのだが、頭を残すような動きは、右サイドのグリップが速く動こうとするのを妨げてしまうのがわかる。上半身ひねってグリップ部分が天井を指したら、そこから体全体を左に向けるよう一気に回転してみよう。

画像: 頭を残すより(写真右)一気に左を向いたほうが右肩のグリップが目標方向を速く指しているのがわかる

頭を残すより(写真右)一気に左を向いたほうが右肩のグリップが目標方向を速く指しているのがわかる

「とくにシニア層は上半身と下半身の捻転差なども考えず、スパッと左に回ったほうが速く振れると思います。この練習法で体が速く動く感覚をつかんでください」

This article is a sponsored article by
''.