ドライバーは自分に合ったシャフトを選んで装着する。フィッティングもかなり浸透してきて、カスタムシャフトにも多くの人が詳しくなった。でも、かつて多くの人が憧れたオレンジ色のシャフトを知っているだろうか?

いま「オレンジシャフト」といえば、みなさんはどのシャフトを思い浮かべるのだろう?

画像: マジェスティになってオレンジシャフトの復活はあるか?

マジェスティになってオレンジシャフトの復活はあるか? 

圧倒的に多いのは、あの選手の“エース”シャフトとして君臨する、グラファイトデザイン「ツアーAD DI」ではないだろうか?

しかし、往年のゴルフファンなら「オレンジシャフト」といえばマルマンなのだ!

ドライバーのヘッドがメタルで、ヘッド体積がまだ400ccにも満たなかったころ、日本初の「オレンジシャフト」は登場した。

当時契約プロであった、若きお洒落ゴルファーの代表、芹澤信雄が、パーリーゲイツを身にまとい、オレンジ色のシャフトを使っている姿がトレンディ~! だった。

このオレンジシャフト名前を「パワートランスプロ」といい、カーボンなのに重めで、トルクは少なくしっかりしていた。

スウィング軌道が安定し、高いミート率で飛ばせるシャフトとして、国内外はもとより契約外のプロたちからも使いたいと、問い合わせがきていたほどだ。

当時、シャフトだけを買おうものなら、もう1本ドライバーが買えるほどの高性能高級シャフト。

「コンダクタープロ」が「コンダクタープロX」として復刻されたときに、同じく「パワートランス プロ」も復刻されたが、オリジナルはもっとオレンジ色で塗装が厚く、シャフトがやや太く見える感じだった。

その設計思想は「マジェスティ」になっても受け継がれているはず。

カスタムシャフト全盛のいま、また復刻すると、人気が出ると思うのだが。

This article is a sponsored article by
''.