自分はもう少し飛ばせる! と思い続けて早ウン十年。いつかはきっと飛ばし屋になれると練習に励んでいる人は多いはず。今年こそ大幅な飛距離アップが実現できるよう、ETGS千葉校・香西成都プロに飛距離アップのポイントを聞いた。
画像: 左手の中指、薬指、小指と、右手の中指、薬指でしっかり握る、などとよく言われるが、しっかり握ると速く振れない。両手の親指と人差し指でつまむくらいが速く振れる!

左手の中指、薬指、小指と、右手の中指、薬指でしっかり握る、などとよく言われるが、しっかり握ると速く振れない。両手の親指と人差し指でつまむくらいが速く振れる!

飛距離アップする、ヘッドスピードアップするには、確かに力も必要かもしれないが、いちばん大切なのは力ではなく、その力を抜くことだと香西プロ。

「飛ばそうと思うとついつい力んでしまい、渾身の力を込めてボールを叩きにいく人が多いと思いますが、力を入れてクラブを振ってしまうと逆にヘッドスピードは上がりません。それどころかミスも多く生まれてしまいます。試しにグリップをギュッと握ってクラブを振ってみてください。速く振れますか? 力を入れた状態では早く振れませんよね?」

極端な例とはいえ、ガチガチに力を入れてクラブを握ったら、振るどころかクラブを動かせなくなる。でも、これと同じことがスウィング中とくに切り返しからインパクトにかけて起こっているのだ。

「ヘッドスピードを速くしたいのであれば、力を入れるのではなく力を抜く。試しにクラブを逆さに持って素振りをしてみましょう。しっかりと握らないと不安という人も多いかもしれませんが、しっかりもっては速く振れません。握るというより、指先でつまむ程度でいいのです。両手の指さきでつまんで、右に左にビュンビュン振ってください」

画像: クラブを逆さにして「つまむ」感じで持って連続素振りをしよう。この力感とスピード感を体にしみこませよう

クラブを逆さにして「つまむ」感じで持って連続素振りをしよう。この力感とスピード感を体にしみこませよう

途中で力が入ることを避けるためにも、クラブを握るのではなく、「つまむ」。
クラブを握る指の本数を減らして、力を抜けば抜くほど不思議なことにクラグが速く振れるのが体感できる。

「まずはこの素振りを繰り返して、『クラブを速く振る感覚』と『速く振るには力はいらない』ことを体にしみこませていくといいでしょう」

This article is a sponsored article by
''.