「マジェスティ」が「マルマン」だった頃、奇妙な形状と名前をもったドライバーがあった。打ちやすく性能のよさは評価されたが、奇抜な形状をバカにするゴルファーもいた。でも30年後にゴルファーはそのすごさを再確認することになる!!
画像: この技術力が「マジェスティ」を生んだ!? 「スッポン」知ってる? あっクラブの名前です

いまから約30年ほど前、奇妙な形をしたドライバーがあった。ネックが伸びてヘッドが前のほうについていて、なんだか亀のように見えるということでついた名前が「スッポン」
ホント、見た目がそのまま名前になったのだ。

奇妙な形状とゴルフクラブらしからぬ名前。アマチュア用に開発されたクラブであったが、プロも当時人気だった「オレンジシャフト」(また別の機会にお話しますね)を装着して、当時の契約プロであった芹澤信雄らも実際にツアーでも使っていた。
なんで世にも奇妙なこのような形になったのか……。
その秘密を解くカギは「重心距離」だ。

当時のドライバーヘッドの開発技術は、まだまだステンレスが主流で肉厚を薄く作ることができず、200ccを超えればデカヘッドと言われたような時代だった。
しかし、ドライバーのヘッド研究は進んでおり、重心距離が長ければ「ヘッドが動きにくい」、「動きにくいが動き出せば素早く動く」ということがわかっていた。
これはアマチュアにとってどういうことを意味するかというと「ミスに強く」、「ヘッドスピードが上がる」ということだ。
「しかし待てよ、それがわかっていてもヘッドは大きくできない。それならネックを曲げて長くしよう!」ということで、この形状が生まれたのだ。

画像: 460ccが主流のいまのドライバーと比べてみよう。フェースの真ん中の位置を比べてみよう。もうおわかりだろうか? ほとんど一緒の位置!

460ccが主流のいまのドライバーと比べてみよう。フェースの真ん中の位置を比べてみよう。もうおわかりだろうか? ほとんど一緒の位置! 

当時は特殊なクラブと言われたものだが、いまになってそのすごさに気づくこととなる。
「マジェスティ ロイヤル」と比べてみよう、な、なんとスウィートスポットの位置がほぼ同じ! 30年ほど前に、いまの重心距離、スウィートスポット理想値をわかっていたことになる!
「マルマン」で培われたこの研究能力の高さは「マジェスティ」となったいまでも、脈々と受け継がれている。

This article is a sponsored article by
''.