海外メーカーに押され気味の国産メーカーにあって、独自の戦略で気を吐く「マジェスティゴルフ」。創業50周年を迎え、さらに進化を続けるこだわりの「ものづくり」の現場を調査した。
画像: 世界へ発信したモデルMAJESTY URUSHI。クラブ製造ひと筋、マジェスティ熟練の匠と漆産業の再興を目指す国家検定一級塗りたて技能士・渡邉和子さんとのコラボにより生まれた

世界へ発信したモデルMAJESTY URUSHI。クラブ製造ひと筋、マジェスティ熟練の匠と漆産業の再興を目指す国家検定一級塗りたて技能士・渡邉和子さんとのコラボにより生まれた

昨年、前身のマルマンゴルフを経て50周年を迎えたマジェスティ ゴルフ。外ブラなどのビッグメーカーとは一線を画したモノ作りで邁進している。創業50周年を記念して、千葉県松戸市にある生産拠点の「マジェスティ ゴルフ スタジオ」がリニューアル。独自のマジェスティ品質を生み出す現場を見学すると、そこにはこだわりを超えた生産技術と仕組みがあった。

最新3D CADと最適インパクト解析から始めるヘッド開発、チップ側からバット側まで20㎜ピッチで剛性測定をおこない評価するシャフト開発、世界で最初にレーザーミーリング加工を取り入れたフェースデザインや刻印。
大量生産では不可能な1本1本を徹底チェックした組み付け作業、ギアーズ・トラックマン・試打マシンを駆使した性能テストと強度管理など、そのこだわりは枚挙にいとまがない。どの現場でも匠チームのクラフトマンが手を動かし、目を光らせる。

画像: CADによってヘッド構造とデザインを決めた後、3Dプリンターで石膏のヘッドを作ってチェック。クラブができたら試打マシンで性能を確認

CADによってヘッド構造とデザインを決めた後、3Dプリンターで石膏のヘッドを作ってチェック。クラブができたら試打マシンで性能を確認

そこに、突き抜けた芸術作品的コスメティックが加わる。

たとえば、最高峰ブランド「マジェスティ サブライム」をベースにした輪島塗によるチタン漆技法とのコラボモデル「MAJESTY URUSHI」は世界へ発信され、13本セットで2500万円という驚きのクラブだ。

伝統工芸の輪島塗だけでは終わらない。

「オーダーを頂けば、どんなデザインにも対応できるエキスパートと仕組みが揃っています」とは匠チームのリーダー、左藤さん。

目の前で見せてもらったのは、和紙の風合いとシワを活かした独創的な和柄模様(写真下)のヘッド。「VIP匠セット」として完全カスタムオーダーで2022年1月から予約を開始している。

画像: VIP匠セット。完全カスタムオーダーセット。ギアーズとトラックマンでのフィッティングからスタート。外観は和紙の風合いを生かした柄や幾何学柄など自由自在

VIP匠セット。完全カスタムオーダーセット。ギアーズとトラックマンでのフィッティングからスタート。外観は和紙の風合いを生かした柄や幾何学柄など自由自在

専用のやすりを使って鏡面になるまでヘッドを磨き上げる。これは見た目のためではなく、ヘッド表面の精密検品のために行っている。これもマジェスティクオリティのひとつ

画像: 写真家&アーティストの蜷川実花さんがディレクションするブランドとコラボした女性専用モデル「HER MAJESTY COLLECTION」。予約段階で予定販売数に到達。今は納品したショップに数セット残っているだけ

写真家&アーティストの蜷川実花さんがディレクションするブランドとコラボした女性専用モデル「HER MAJESTY COLLECTION」。予約段階で予定販売数に到達。今は納品したショップに数セット残っているだけ

This article is a sponsored article by
''.